臆病な人間の出会い方

恋愛に憶病になっている人はそれまでに辛い辛いキズを覆ってしまうような経験やどんなに友人から慰めの言葉を貰っても心に響かなかったり、関連している異性に出会い脳が勝手に記憶をよみがえらせて恐怖を感じるようになったりしているといい出会いも見分けることなくのがしてしまっている可能性がおおいにあるのです。自分から見た他人、其の他人から見た自分は大きく違っている事が当然です。

知らない人に囲まれるとどうしても足がすくんでしまって太刀打ちできない状況になったとしても人は必ず異性との出会い見つけなければならないと脳のどこかで感じているはずなんです。そんなことに気付く事ができずにただただ出会いを拒んでしまっているようでは将来先行き不安ですね。自分が保たれているときにふと築く事はありませんか?自分はなんて孤独なんだろうと。孤独と派決してわるいことではありません。ただ人間には孤独という文字がなんだか悲しい響きに聞こえるだけなんです。孤独な人にだって出会いを経験した事はあるはずです。

心と脳と出会いと恋愛

ココでは、ちょっとしたトラウマを抱えた人間が、心のどこかで異性と出会いが欲しいと思っている場合、或いはそれに気付いているけど出会いを探す気力もないといった人の為に、ちょっとしたカウンセリングを受けるつもりで、軽い気持ちで読んでいただけるようにしたいと思います。死んでからでは遅すぎる!あなただけの出会いを散々探しましょうよ!とかそんな難しい事は言いません。

全てをつかさどるもの

自分と向き合う事ってとっても大事なんです。自分との向き合いかたを紹介しながら、精神的に安定を取り戻す方法や更には人間と人間をつなげるのはハッキリ言って心なんかではありません。出会いがほしいと心なしか思っているときだって心で感じていると思われがちですがどんなに頑張っても心なんて探すことなんてできっこありません。なぜなら心なんて存在しないからです。まず人間がすべてにおける濃行動をつかさどっているのは脳です。

人の行動一つでその人が何を考えているのかを考えるのだって結局脳なんです。出会いを探すためには相手の好意を理解できなければなりません。いつどこで誰と会うことになっても知らない人と会っているときもコチラの好意を相手に伝えようとしているのも、行きたいと思うのも精神が病んでしまうのも崩壊しても人を殺すときだって助けるときだって心の病気がどうとか、トラウマは心が病んでいるからとか言っているけど、人間の全てを操っているのって脳なんです。

このページの先頭へ

男性と女性の違いを知れば出会い方も変わる